モラハラ・DV

【モラハラ夫にサヨナラするまで】vol.7 :本当の家はどっち?避難が当たり前の生活

今、あなたの家はどこですか?

家といっても色々ありますよね。

小さい頃から暮らしていた実家、祖父母や親戚の家、仲の良い友達の家、シェアハウス、そしてモラハラパートナーと共に暮らしている家。

本来、家というのは外敵(悪天候や害獣)から身を守り、安心して体を休めることができる場所のことを指します。

恐らく、パートナーと共に同じ屋根の下で暮らしはじめた頃は、そこがあなたの新しい家になると信じて疑わなかったはず。

もちろん、私もその一人でした。

新しい家を探すのはワクワクしたし、そこに置く家具、食器や雑貨などのレイアウトを考えるだけでウキウキしました。

この記事を読んでいるあなたにも、きっと同じような経験があると思います。

そして、この記事を読んでいるということは、思い描いていた理想の家かけ離れている現実に、身も心もボロボロになっているのかもしれません。

昔の私にとって、家というとこんな感じでした…

  • モラハラパートナーとの家:地獄
  • 慣れ親しんだ実家:安心して過ごせる場所

ちなみに、今の私はこんな感じ。

  • 心を落ち着けることができる場所:自分の家、実家
  • ずっと居続けたい場所:自分の家

今思うこと。

自分の身の安全を確保できる場所、安心して暮らせる場所、それがです。

そんな家の中に敵がいるとしたら。モンスターがいるとしたら。

そこは本当にあなたの家でしょうか?

あなたが何も考えず、安心して暮らせる“家”は、絶対どこかにあるはずです。

実家に帰れ!【モラハラ夫からの暴言】

fighting

前回のお話はこちら。

goodbye_morahara_vol6
【モラハラ夫にサヨナラするまで】vol.6:置き去り行為は普通じゃない彼氏や夫の言動に対して「コレってモラハラかもしれない」と悩んでいる方は、高確率でこの経験があると思われます。 それが置き去り行為。...

モラハラパートナーが憤慨したとき(トランス状態に入ったとき)、彼らが取る行動は大きく分けて3つあると思います。

  1. こちらの存在を無視する
  2. 暴言の限りを尽くす
  3. 暴力を振るう(物に当たるも含まれる)

どれも経験していますが、私の場合②暴言の限りを尽くすが一番多かったです。

嫌味はもちろん、人格否定をするような罵詈雑言から、ネチネチとした人をあざ笑うかのような吐き捨て文句。

そしてその中に必ず含まれるのが「出ていけ」「実家に帰れ」「俺の前に顔を見せるな」でした。

「出ていけ」と言われて悩んでいる方はこちらもご覧ください。

モラハラパートナーから「出て行け」と言われた時、そのまま逃げるべき?留まる方がいい?モラハラパートナーを持つ人たちの多くが言われた経験があるであろうこの言葉。 「出ていけ」 これを言われた時、あなたはどうしま...

妻が夫に「実家に帰らせていただきます」なんて言う場面は、昔のドラマなんかでよく見ました。

モラハラ夫から「実家に帰れ」と言われた場合、それを無視してその場に居続けることもできますが、それはそれで地獄です。

「実家に帰って距離を置いた方がいいと提案してやったのに、お前が拒否した。だから俺の機嫌はおさまらない」

「冷却期間のため、お前の実家が近いから帰ってくれと頼んでいるのに拒否した。俺に出ていけというのか!」(モラハラ夫の実家が遠い場合)

このような言い分から、家に居続けることが苦痛になり、結果として実家に帰る=避難することが多くなったのです。

Chiru
Chiru
ありがたいことに私の実家はそこまで遠方ではなく、且つ親も親身になって相談にのってくれていました。(感謝)

モラハラ夫と暮らす家で私の体に起きた変化

woman_body

自分の家というのが「モラハラ夫と暮らす家」なのか「実家」なのかわからなくなってきた頃、私の体にはある変化が起きていました。

もしかしたらあなたにもこんな症状はありませんか?

  • 突然心臓がバクバクする
  • 突然「キーン」という耳鳴りがする
  • 肌荒れがひどく、蕁麻疹が出る
  • 風邪でもないのに咳が止まらない(当時はコロナの存在がありません)

これらの症状は、モラハラ夫と物理的に離れているときは落ち着いているor発症しませんでした。

もちろん、仕事に行っているときにも感じることはありません。

仕事中に心臓がバクバクすることもなければ、耳鳴りがすることもないんです。

あきらかにモラハラ夫と暮らす家で発症する身体症状でした。

人間というのは、自分では大丈夫だと思っていても身体がしっかり危険な状態であることを教えてくれるんですね。

そんな身体からのアラートを感じていながら、当時の私は「自分はまだ大丈夫」と思い込んでガマンという方法を選んでたんだと思います。

モラハラ夫と暮らす家と実家の往復【週1-2回】

「実家に帰れ」と言われれば実家に帰る。

そんなことが続いていき、いつしか週に1〜2回は実家に帰っている状況になっていました。

一度実家に行けば、一泊二泊はする。実家から仕事へ行く日々。

もはやどちらが自分の住みかかわかりません。

身体と心を休めて、いざモラハラ夫の待つ家へ帰るも、またすぐに暴言や暴力を浴びせられる日常。

タイミングが良ければ上機嫌だったり気持ち悪いほどの愛情表現だったりするのですが、もちろんこれはモラハラのループです。

なかなか抜けることができない負のループ。それはモラハラサイクルかもしれませんモラハラには周期があります もし、あなたの友達や知り合いが彼や夫からモラハラを受けているとしたら。あなたはどうしますか?「そんなに酷い...

ある一定の期間が経てばまた、突然キレては「実家に帰れ」「出ていけ」の暴言が始まる。

「次こそは大丈夫」「今度家に帰ったら優しくなってるかもしれない」「帰らなきゃ」

そんな気持ちを胸にモラハラ夫と暮らす家へ戻ったところで、悪夢が繰り返されるだけでした。

モラハラ夫から避難することが当たり前になっていた

hell

悩んで決めた二人の家。

仕事に通いやすい場所や閑静な立地、頑張って貯めたお金で買った家具たち。

お気に入りの食器やちょっと奮発して買った調味料たち。

暮らしやすいように整え、快適な暮らしができるはずの家が、気づいたら悪魔の住む地獄になっていました。

美味しいと感じながらご飯を食べることも、ゆっくりお風呂に入ることも、安心して眠ることもできない場所。

いつしかそこから避難することが当たり前の生活になっていたんです。

ここいたらおかしくなる

モラハラ夫と暮らす家から実家へ帰るときは「急いで帰ろう!」と足が進むけれど、実家からまた家へ戻るときは「このまま心臓が止まるんじゃないか」というくらい激しい動悸が襲いかかってきます。

地獄と化した家。

でも、なにより怖かったのは何度も地獄へ戻ろうとする自分自身です。

周りは「戻らなくていいよ!」「いつまでもここにいたらいいよ!」と言ってくれていたにもかかわらず、

帰らなきゃ

そう言って、私は何度も地獄へと足を運ぶのでした。

【モラハラに悩んでいるすべての人へ】あの頃の私へ

「家にいると耳鳴りがする」

「嫌だけど帰らないとダメだ」

「どのタイミングでどんなふうに戻ったら一番嫌な気持ちにならないかな」

自分の家に帰るとき、自分の家にいるとき、そんなふうに思ったりしますか?

それが普通だと思いますか?

家にいたら気持ちが安らいでホッとする。

早く家に帰りたいな。

そう思える家が、本当に居心地のいい「家」なはず。

頑張り屋で責任感が強い人ほど

「結婚したんだからちゃんと家に戻らなきゃ」

「このまま逃げていたらダメだ」

そう思って、また地獄へと足を運んでしまうんだよね。

精神を削って身体にムチ打ってまで戻るその家は、悪魔の住む地獄。

絶対に帰っちゃいけない場所もあるんだよ。