働き方・生き方

別居・離婚相談の前に準備すべきことって何?【結論:お金です】

money_important_things
悩んでいる人
悩んでいる人
別居・離婚をしようかなと考えていますが、誰かに相談する前にこれだけは準備しておいた方がいいことってありますか?周りに頼れる人もいなくてとても不安な状態なので、少しでも有益な情報を教えてほしいです。

今回は、こんなお悩みを解決したいと思います。

本記事の内容

・別居、離婚を考えている人が準備すべきこと

・収入を確保するためにおすすめの方法

この記事はどれくらい信用できるの?

私自身、結婚・別居・離婚を経験しています。その過程において弁護士、ソーシャルワーカー、カウンセラーからたくさんの情報・協力を得て円満離婚。現在は毎日穏やかで楽しい人生を送っています。

別居・離婚の相談をする方の状況は様々ですが、弁護士やカウンセラーに相談した際、必ず最初に聞かれることがあります。

それが、今あなた個人に収入はありますか?という質問です。

無料相談でも有料相談でも必ず聞かれる質問ですが、なぜ有識者たちがこの質問をするかというと、別居や離婚においてこれがとても大切なキーワードになるからです。

つまり、別居・離婚を相談する前に考えておかなければならないこと、その答えのひとつがお金です。

「そんなことわかってる」

という方も、本当の意味でその重要性を理解している方は少ないかもしれません。

この記事では、別居・離婚をしようかと悩んでいるあなたに向けて準備すべきお金についてお話しています。

本記事を読むことで、別居・離婚に向けて準備しておく大切なポイントを知ることができます。

今あなたにとって必要な情報を得ることで、心のモヤモヤを少しでもスッキリさせましょう。ぜひ最後までご覧ください。

Chiru
Chiru
モラハラやDVで悩んでいる方は、まず先に今の危険度を確認することをオススメします!

別居・離婚を考えているなら準備すべきお金のこと【経験談あり】

pig_moneybox

別居や離婚を考えている人がなぜお金について準備すべきなのか、大きく分けて3つの理由があります。

状況によって要不要はありますが、どれも知っておいて損はないでしょう。

特に今すぐにでも別居・離婚をしたいと思っている場合は、早めに情報を得て行動することで大きな損失なく事を進められる可能性が高いです。

知らないというだけで損をすることは避けたいですよね。

理由①:新生活に向けての費用

new_room

別居をするにしろ離婚をするにしろ、悩んでいるほとんどの方が「家を出る」場合が多いです。

自分が今生活の基盤としている場所を去り、新しい場所で生活をしなければならないパターンですね。

もしくは円満に物事が運ばず逃げるようにして家を出た場合も、同じように新しい場所で一から暮らしを築く必要があります。

相手がすべての生活用品を残して去り、現在の生活拠点にあなたが留まる場合、この項目は飛ばしていただいて大丈夫です。

新しく生活をはじめるときは何かとお金がかかります。

  • 新しく住む家の家賃、敷金礼金、管理費
  • 最低限の家具家電
  • 最低限の台所用品、調味料
  • 日用品
  • (飛び出してきた場合)身の回りの生活必需品

初期投資としてまとまった費用が必要です。

これまで少しずつ集めていたものを一気に持ってくることができればいいですが、なかなかうまくいかない場合が多いでしょう。

生活を立て直す気でいることをオススメします。

そして、新生活の出費というのは初期投資だけでは終わりません。

毎月発生する固定費も、あなただけで支払っていくいかなければならないのです。

理由②:将来に向けての費用

learning_books

別居や離婚をした後もあなたの人生は続きます。

思い悩んでいるときは将来についてイメージすること自体難しいかもしれませんが、今悩んでいるからこそ未来は楽しく幸せに過ごしたいですよね。

・自分の生活を落ち着けたい

→理想の部屋にするために、おしゃれな家具を揃えたい

・新しいことに挑戦してみたい

→学校へ通ったり、資格を取得したい

未来をより良いものにするためにもお金は必要です。

そしてあなたひとりの生活ではなく子供を守っていく必要がある場合は、よりいっそう将来に対する蓄えは重要になってくるでしょう。

特に離婚となった場合、突然大黒柱があなただけになるということもあります。

理由③:マイナスとなる可能性に対する費用

judgment

別居や離婚の状況によって、あなたが支出する可能性もゼロではないのです。

  • 各種相談(別居や離婚などの相談窓口等)
  • 行政書士への支払い(協議書作成等)
  • 弁護士への支払い(手付金から報奨金)
  • 慰謝料

もちろん置かれている立場、状況、別居や離婚事由、相手との関係性など、決して全員に当てはまるわけではありません。

それでも、別居から離婚になれば何かしらお金が必要になってきます。

よく言われる泥沼離婚なんてことになれば、支出金額も増えていくことに。。

円満離婚できれば経済面での打撃も少なくてすみますが、うまくいかないケースもあるでしょう。

離婚によって要した費用【実際の費用公開】

私の場合有識者のサポートもあり、さまざまな手法を使って一番費用のかからないパターンで離婚をすることができました。

それでも、ザッとこれだけは支出(損)しています。

①新生活費用:初期投資約20万円

②未来費用:離婚後の生活立て直し約50万円

(離婚後は精神的ダメージも大きく、思いもよらぬ出費をしたりしてしまいました)

③マイナス可能性費用:財産分与関連約100万円

合計:約170万円

※細かく計算できているわけではないため概算費用での公開です。

ただでさえ精神的に疲弊している中でどんどんお金が飛んでいく状況。

人生の勉強代と思って損失を受け入れましたが、今考えるともう少し利口に立ち回れた気がします。(とはいえ、当時その渦中にいたときは難しかったと思います。)

大きな支出があってもなぜ立て直せたか?

私の場合フルタイムで会社勤めをしていたため、毎月入ってくる給与がありました。

しかしこの先何があるかわからないと、先立つ不安に悩みはつきません。

そこで主として働いていた会社とはまったく別で副業をはじめてみたところ、収入に対する不安は見事に解消していきました。(それまで副業の経験はなし)

新しい人生を歩んでいる今でも継続することができていて、私の大切な収入源のひとつになっています。

収入を確保するためのおすすめ方法

cafe_pc

収入を確保したとしても余計な支出が増えてしまっては元も子もありません。

なので、支出を抑えながら収入を確保する必要が出てきます。

簡単にはじめられる収入確保のひとつとして副業がありますが、おすすめはCrowdWorks(クラウドワークス)です。

誰でも登録ができ、未経験の方でも実施しやすいアンケート回答や文字起こしなどのシンプル作業も多くあります。

そのほとんどが完全フルリモートの在宅ワークというのも魅力的。(在宅ワークだとカフェ代など余分な支出も抑えられます)

cwowdworks_sample

空いている時間に単発で簡単業務に取り掛かることもできるので、私は隙間時間を利用して記事作成なんかを引き受けています。

もちろんこれだけで生計を立てようと思うと難しいかもしれませんが、何もないよりは心強いはず。

何かしら仕事はある!というのが安心にもつながります。

別居や離婚はお金がかかる

別居や離婚は、思いもよらぬところで出費が発生する場合も。

どこへ相談しても、やはりあなたに収入源があるかどうかがキーポイントになってくるのです。

不安や心配でモヤモヤしているなら、まずは少しでも収入を確保して来るべき戦いに備えましょう。

人一倍悩んでずっとモヤモヤしていた私ですが、悩んでいる時間にお金は発生しない!と副業を始めてからは強い自分に変わっていきました。

別居や離婚は精神的にもダメージの消費が激しいです。

装備を整えるためにもお金は必要。経験値を積めば自分自身のレベルアップにもつながりますよ。

ぜひ勇気を出して行動していきましょう。