モラハラ・DV

【モラハラ夫にサヨナラするまで】vol.3:それでも結婚をした

私はコーヒーが大好きです。それもブラックコーヒー。今では砂糖やミルク入りのコーヒーを飲むことはほとんどなくなりました。

でも実は、ずっと甘いミルクコーヒーが好きだったんです。紅茶はいつも甘いミルクティー。コーヒーも砂糖いっぱいのカフェオレがお気に入りでした。

ブラックコーヒーが飲めるようになったきっかけは、「砂糖ばかり摂ってるから太るんだ」と言われたこと。「このやろう」と思って、それを機にブラックコーヒーを飲み始めました。たしかに砂糖の摂り過ぎは体にとってあまりいいことではないですね。言い方は腹立たしいことこの上ないですが、そこは納得。

今思うこと。

ブラックコーヒーが飲めるようになったことだけは良かった。

【モラハラ彼氏】結婚する前から問題あり

前回のお話はこちら。

morahara_episode_vol2
【モラハラ夫にサヨナラするまで】vol.2:付き合っている頃からの違和感最近は、ふつうのお水を飲むよりもレモン水を飲むことが増えてきました。 口の中がさっぱりする感じが好きなんです。生のレモンを絞って入...

結婚するまでを振り返ると、一度別れていたことを思い出しました。

今でこそ数々の諸行はモラハラのあるあるだということを知っていますが、あの頃はまだ何も知らなかった。

迎えにきてくれたものの突然車内で怒鳴り出し、クラクションを鳴らして荒くなる運転。あまりに怖くて「ここで降ろして」と伝えると、夜中にも関わらずそのまま道に置き去りにされたこと。(まぁ私が降ろしてって言ったんですけど)

楽しみにしていたご飯の約束。おしゃれをして待ち合わせ場所に向かったものの、再びデリカシーのない発言。それにこちらが怒ると逆ギレをし、せっかくのディナーもキャンセル。

こんなことが続き、悩みに悩んだ挙句、私から別れを告げました。

今だから言えること。

あの頃の私、その決断は正しかったよ!

付き合っているときのちょっとした違和感は大切にするべきです。自分の中で「何かがおかしい」と思ったら、それを見過ごさないで。大体その感覚は合っていると思います。

結婚してからモラハラやDVに気がつきました!と言う人も、多分結婚前には多少の「ん?」っていう違和感や「あれ?」っている第六感みたいなものはあると思います。

私はその感覚がバリバリ合って、一度は意を決して安寧の地に逃げることができたのに。。

違和感に気づきながらも戻ったバカやろう

sheep

悩んだ挙句の別れだったにも関わらず、結果そこからヨリを戻して結婚までします。

今思うと不思議でたまらないこの行動も、あの頃の私は“結婚”というものに過剰な憧れを抱いていたので、すべての違和感を無視して突っ走ったのでしょう。

バカやろう。大バカやろう。

一旦は自分の感覚を信じてサヨナラできたにも関わらず、自ら再び暗黒の地へ落ちた私。周りも呆れるほどの盲目っぷり。

周りはほとんど結婚したし、私も三十路までに結婚をしないとダメだ。嫌なところもたくさんあるけど、結婚すれば経済的に将来安泰だし、結婚すれば変わるかもしれないし。

周りから「絶対に変わらない」「やめとけ」なんて言葉は耳にタコができるくらい聞いたけど、そんなことはお構いなし。

いや、正確にいうと、ほんの少しの罪悪感?違うな。なんだろう。

そう、あれだ。マンガでよくある天使と悪魔。私の中にも天使と悪魔がいた。

天使は言う。「周りの人もみんな心配して助言してくれてるし、考え直したら?」

悪魔は言う。「将来安泰だし憧れの結婚もできるし、そのまま進んでいいんじゃない?」

結果、私は悪魔の手に落ちてしまった。

なんて、今思い返せば笑い話のネタにもなるけど、あの頃は必死でバカやろうにならないようにもがいていたんです。このまま進めば、私も幸せになれると信じていました。

誰もが皆、結婚するときに別れを想像する人なんていないですよね。

SNSに影響されたゴージャスウェディング

weddingparty

結婚すると考えるのは結婚式。

例に漏れず、私も結婚するからには結婚式を挙げたいと思っていました。むしろ、結婚式をしないと!くらいの勢いです。

あれだけ「やめとけ」要素満載の結婚。

親族だけのこじんまりとした結婚式が無難でしょう。

ただ、めでたく「ハッシュタグプレ花嫁」になった私は、日々のSNS巡回により、まんまと理想の結婚式イメージが固まってしまっていました。

  • 1組限定
  • ハウスウェディング
  • 参列者はたくさん
  • ウェディングドレスにカラードレス
  • 手の込んだ招待状や席次表
  • 自己満足たっぷりの生い立ちビデオ
  • おしゃれで映えるコース料理
  • ガーデンテラスでのケーキ入刀

こんな結婚式がしたいを具現化したものは、王道のTHE WEDDING。

家族や友達も、私が決めたことだからといって祝福してくれましたが、内心複雑だったに違いありません。私が家族や友達の立場だったらと考えると、胸が痛みます。

自分が実際に経験したことですが、今思い返すと小っ恥ずかしい演出の数々。結婚式ビジネスに引っ掛かって無駄にしたお金。

黒歴史の1ページとなりました。

直前まで揉めた挙句に決行された結婚式

weddingdress

結婚式が決まってからも、順調にことが運ぶなんてはずもなく。

「お前とは結婚したくない」

「結婚式やめる」

など、その他にも散々罵詈雑言を浴びせられたにも関わらず、どうしても決行したかった結婚式。もはや病気です。結婚式したい病。

親に泣きながら「どうしよう」と相談した当時の私は、娘からそんなことを聞かされた親の気持ちなんて考えられる余裕もなく、ただただ暗黒の沼地へズブズブと落ちていくだけでした。

ウェディングプランナーの前で揉めたこともたくさん。相手はビジネスなので一生懸命取り持とうとしますが、それがさらに私を「もう後戻りはできない」気持ちにさせたのでしょう。

みんながここまで協力してくれているのに。

もうお金を払っている部分もあるのに。

結婚式やめますなんて恥ずかしい。

【モラハラに悩んでいるすべての人へ】あの頃の私へ

結婚や結婚式は、絶対にしなきゃいけないなんてものじゃない。ふたりが仲良く幸せであれば、結婚や結婚式なんてしなくてもいい。したから幸せになれるなんてことはない。

もちろん、女の子が憧れる気持ちはよーく分かる。人生で一度は経験してみたかったりするよね。

でも、よくよく考えてみて。

結婚式はそんなにお金をかけてやるもの?誰のため?結婚式をやると決めたら中止にはできないの?

そんなことはない。

結婚式をやると決めてもいつだってやめることはできる。もちろんキャンセル料はかかっちゃうけど、結局ダメになるならその結婚式代すらマイナスよ?

そもそも結婚式はしなくても大丈夫。やりたかったらささやかなパーティーだけでもいいんじゃない?

既成概念にとらわれないで。

周りに流されないで。

いつでもやめる勇気を持って。